40歳の転職手順を徹底分析

*

40歳の転職と面接後のお礼状のこと

   

お礼状で人間性をアピール

 40歳での転職活動は、自分のその後のキャリアを決める、大きな決断です。だからこそ、本命企業から内定をもらうためにも、面接後にお礼状を出すことを習慣づけしてほしいのです。40歳での転職の場合、複数の会社に応募するのがセオリーですが、自分に突出したキャリアと実績がない限り、ライバルを抑えて即内定というわけにはいきません。

 また、40歳以降の人材を採用するにあたっては、管理職候補としての素養もジャッジされます。面接後にお礼状を出すことで、必ず内定が出るわけではありませんが、礼儀正しい人物であると印象付けることは、決してマイナスにはなりません。

 腰が低いひとは、組織に柔軟に対応してくれるという期待感を感じさせるものです。キャリアと実績、スキルは十分に面接でアピールしたでしょうから、お礼状では人間性を伝えてみましょう。

お礼状の内容とタイミング

 お礼状は、社外向けのビジネス文書と同じです。パソコン作成で構いませんので、書式を守って、B5版あるいはA4版1枚以内に収めるように書きましょう。お礼状で書くべき内容は、面接の時間を設けてくれたことに対しての感謝と、面接時に印象に残った応募企業や事業ビジョン、募集職種への魅力、面接官の言葉と、それにより入社の意欲が高まったことです。

 自己アピールを加えるひともいますが、それがメインになってしまうと、面接でのプレゼンテーションが足りなかったとみなされるリスクもあります。本文を謝意で結んで、文章作成は完了です。封筒のあて名書きなども社外向けのビジネス文書と同じにして、面接当日、遅くとも面接翌日には投函するようにしましょう。

 それが、面接後のお礼状のルールです。

<関連記事>
好印象を与える面接マナー
面接でよくある質問
面接でやってはいけないこと
40歳の転職なら面接で確認をしよう!

 - 面接マナーの基本

  関連記事

面接でやってはいけないこと

面接に遅刻する、早く行き過ぎるのはNG  面接の前に、志望動機や自己PRなど完璧 …

40歳の転職なら面接で確認をしよう!

応募企業の実情を知ろう!  40歳での転職は、その後のキャリア形成に多大な影響を …

面接でよくある質問

マネジメント経験はありますか?  面接で必ず聞かれる質問があります。当たり前の質 …

no image
好印象を与える面接マナー

マナーの基本を知っておこう  面接のマナーは、非常に大切です。いくら志望動機や自 …