40歳の転職手順を徹底分析

*

確認すべき5つの転職手順

 今では35歳限界説もなくなり、40歳でも転職をすることは普通に可能な社会となっています。しかし、まだまだ企業側でも高齢の人間を入れるのに抵抗があるためか、30代に比べると転職活動は難しいものとなっています。

 40歳で転職に利用できる武器は変わってくるため、それを把握しておかないと転職するのは難しいことになるでしょう。
 

自分のスキルと技術を再認識して転職準備をスタートさせよう

 40歳での転職は30代よりも仕事の経験が重要視されることになります。

 そのためにここまでしてきた仕事を振り返ることが大事ですが、それだけでなく、振り返るのであれば単純な技術の問題だけでなく、どのように周りと接していたのかも確認しておきましょう。

 人間関係が40となると問われることにもなるからです。
 

<関連記事>
40歳の転職を成功させる計画の立て方
自己分析をすることが転職成功への近道
転職の目的を明確にすることが肝心
体調管理ができてこそ一人前の社会人

求人情報は視野を広げて集めよう

 求人を見るよりは素直に転職エージェントを利用した方がいいでしょう。何故なら40だと選択できる求人も激減するからであり、転職エージェントを利用すれば本人に合った求人情報を手に入れることができます。

 しかし、それでも一応探すことをするのだけはやめてはいけません。
 

<関連記事>
転職活動の初めの1歩は、求人情報媒体をまずチェック!
転職エージェントとは?
ブラック企業を見分ける方法

マニュアル通りの応募書類は嫌われる

 職務経歴書に関してはここまで転職をしたことがないのであれば書き方は分からないと思うので、まずは書き方を調べるところから始めます。

 しかし問題としてはそれでマニュアル的な書き方にならないようにしたいことです。企業側としても職務経歴書を通じて「個性」を見たいと思っているからです。

<関連記事>
40歳の職務経歴書を作成する
応募書類も志望動機が一番大事!
印象に残る自己PRとは?

面接では謙虚さのアピールが好印象

 面接に関してはとにかく謙虚さを前提に応対していきましょう。40となると大分仕事を経験してきてますが、それが仇となってまるで自慢話にならないように気をつけて答える必要もあります。

 とりあえずは相手の話はしっかり聞く、これだけは必ずするようにしましょう。

<関連記事>
好印象を与える面接マナー
面接でよくある質問
面接でやってはいけないこと
40歳の転職なら面接で確認をしよう!
40歳の転職と面接後のお礼状のこと

円満退職は引き継ぎを丁寧に行う事が大事

 40歳での退職となれば退職手続きも大分忙しくなると思います。誰かに引継ぎをする場合の仕事に関してはしっかりとその引継ぐ人と話し合いをして進めていきましょう。

 自分より若い人と仕事を進めることができる、転職先で必要なそれをこの引継ぎ作業では試されることになるからです。

<関連記事>
40歳の退職を円満にする方法
転職先での自己紹介について
入社してから絶対にしてはいけないこと
試用期間の存在理由と、企業・労働者が意識すること
 

公開日:
最終更新日:2016/01/14