40歳の転職手順を徹底分析

*

退職前の有給取得は合法?

   

転職前の有給消化は合法

 40歳での転職は、あなたにとっても大きな決断でしょう。新天地でリスタートすることに対するプレッシャーもあるでしょうし、転職前にリフレッシュできる時間が欲しいというのは、理解できます。

 労働基準法第39条では、出勤率が80%以上の社員が、会社に対して有給休暇の申請をした際には、これを拒否できないと明記されています。

 とはいえ、40歳までたまった有給休暇をすべて消化しようと思うと、相当な日数になるでしょうから、自分の都合だけで進めることができないのが常識です。

 もし、転職前に有給休暇を消化したいと考えているなら、その日数と引き継ぎ期間を加算した日数前に、退職の申し出をしておく必要があります。

 退職のためのプランニングの際、その点をしっかり考慮しておきましょう。

有給消化するための段取り

 有給休暇を消化するためには、会社を円満退職できるように、業務の引き継ぎや身辺整理をしっかり終わらせておくのが前提です。自分がやるべきことを済ませてから、休みに入れるように段取りをしましょう。 

 また、有給休暇の残日数が多い場合は、一度にまとめてとるのではなく、小分けにして消化するという方法もあります。

 すべての有給休暇を消化しようと思うと、職場に与える負荷も大きくなるので、常識的な範囲内での対応を心がけましょう。

 会社の都合で有給休暇を消化しきれない場合は、買い取りの交渉を行ってみるのもおすすめです。会社や上司によっては、退職者に冷淡で、有給消化の邪魔をするところもあります。

 まずは会社と話し合うのが基本ですが、それでも埒が明かないときには、労働基準監督署などに相談に行き、対処法を教えてもらうとよいでしょう。

 - 円満退職から入社後までの予備知識

  関連記事

40歳の退職を円満にする方法

会社の就業規則を確認してから退職を報告する  会社を辞める時は、「円満退職」にし …

入社してから絶対にしてはいけないこと

遅刻・早退・欠勤は社会人としての基本  途中採用で入社した場合は、新卒から勤務し …

試用期間の存在理由と、企業・労働者が意識すること

試用期間がある理由は  求人を見ると、待遇・給与、あるいは雇用形態などの欄に「試 …

転職先での自己紹介について

入社日の挨拶は爽やかさを意識しよう  新しい職場での入社式では、必ず自己紹介をし …