40歳の転職手順を徹底分析

*

40歳の転職・成功の秘訣

1.40歳の転職市場での人気ぶりとは?

 長い不景気を抜けて、業績回復が確かになった企業は、いち早く将来への投資を始めています。個人消費の喚起や書き代、グローバル展開、新規事業の立ち上げなど、方法はさまざまですが、不況でも生き残った企業は、今後ますますマーケット創出の機運を高めていくことが予想されます。とはいえ、新しいマーケットを確立するためには、その業界・職種に精通した人材が不可欠です。

 そこで白羽の矢が立ったのが、40歳以降のミドル世代です。これまで難しいとされていた40歳からの転職にも、キャリアアップにつながるものが増えることが予想されます。

2.40歳がアピールすべき強みとは?

 では、企業が20代・30代の若者よりコストをかけてまで、40歳以降のミドル世代を採用したい理由は何なのでしょうか。それは、40歳の転職でアピールすべきポイントと、大いに関係があります。

・企業が参入したいマーケットにおいて、プロフェッショナルな専門職であること。
・採用後、即戦力としての成果を出せるキャリアと実績があること。
・プレイングマネジャーとして、マネジメントにも意欲的に取り組む意思があること。

 40歳でキャリアアップ転職をしたいと考えているなら、単に専門スキルがある、マネジメント経験があるでは、強みにはなりません。ライバルに追随を許さないような大きな実績、あるいは組織改革の経験の有無など、あなたにしかない、突き抜けたアピールポイントが必要です。それをいかにプレゼンできるかが、採否を決定するのです。

3.40歳の転職成功者の共通点

 40歳の転職成功者の声を集めてみると、そこにはさまざまな共通点があることがわかります。

・自分の転職市場での価値を認識している。
・転職のための計画立案から情報収集、応募書類作成など、十分な事前準備をしている。
・転職のメリットだけでなく、デメリットも理解している。
・環境の変化に即応できる柔軟性を持っている。

 全般的な傾向として、何かあって退職後に転職活動を始めるのではなく、在職中に計画的に準備できるひとの方が、転職後の満足度が高いようです。現職に不満があり、転職を考えることを否定はしませんが、感情や勢いに任せて会社を飛び出すと、逆に転職活動にマイナスになることもあります。

 また、転職したからといって、いま抱えている不満や問題が解消されるとも限りません。職場が変われば、環境も人間関係も一新され、そこで自分のポジションをつくるのは、そう簡単なことではありません。そうした変化を楽しみながら受け止められるひとが、転職に向いているといえます。

4.転職サイトを活用するメリットとは?

 転職サイトというと、20代・30代のためのものだと勘違いしているミドル世代も多いようです。最近は、40歳以上のミドル世代をターゲットにした、ハイクラスあるいはエグゼクティブな求人に特化した転職サイトも増えています。

 また、年齢ではなくキャリアと実績で採用する外資系企業の求人に強い、転職サイトもあります。いまや求人情報は、転職サイトで探すのがセオリーですから、40歳以上でも真っ先に登録するようにしましょう。

 ここで転職サイトの活用術についても触れておきたいのですが、いま法律で求人に年齢制限をかけることを禁止しています。ですが、求人票に明記されていなくても、企業側は採用にあたって、目安の年齢を決めていることが多いものです。応募するからには、採用の可能性が高いところに注力したいですから、求人票を読み解く力が必要になります。転職サイトでは、求人票の見方やチェックポイントなどの情報も公開していますので、しっかり読み込んで、参考にしてみてください。


40_new3

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・40歳転職者の支持率No.1の転職サイト!
・日本最大級の会員数と求人案件数を誇る
・職務経歴簡単作成ツールなど転職活動の効率を上げる会員限定機能あり


リクルートエージェント
詳細
★★★★
・アドバイザーの質が良いと高評価で転職成功実績No.1!
・非公開独占求人案件など求人情報は約8万8,500件!
・転職活動を最大限サポートしてくれる
利用者の声
良かった
リクルートエージェントの利用価値はキャリアアドバイザーによる働きかけのみと思っていましたが、それは間違いでした。「転職よろず相談所」、「データ&ランキング」など、転職に有効活用できるコンテンツがこれほどまでに充実している専門サイトは数少ないと思います。とてもお勧めです。
良かった
リクルートエージェントで転職することができた40歳過ぎの男です。スタッフの方はとても親切でしたし、求人も想定していた以上に多く出てきました。これまでの実績があってこそかもしれません。それでもこの年齢からでも選択肢はそれなりに豊富である、それをリクルートエージェントは教えてくれたことが最も大きな財産となりました。
良かった
挙げていけばキリがないほどの素晴らしいサービスの数々。土日でも夜でもアドバイザーとは連絡が取れますし、賞味期限ギリギリの求人ではなく新着を紹介してくれる鮮度の良さも魅力的。採用されるための秘訣も教えてくれたりと、至れり尽くせりという言葉がピッタリなエージェントです。
普通
一通りリクルートエージェントのサービスを利用しコンテンツにも目を通してみましたが、とても使い易く、私自身も転職活動を前向きに進めることができたと感じています。欠点があるとすれば、40歳が分かれ目であること。私はそれを少し上回る年齢でしたので、積極的な求人紹介はあまりありませんでした。
普通
パーソナルデスクトップというサービスは、そこまで目新しいものでもなく、しかも有能と言えるほどではなかったのが残念。エージェントリポートの出来はそこそこ良い。でも、そこそこ止まり。タイミングよく転職できた人は好評価で、そうではなかった人はいまいち、そんなエージェントな気がします。


5.40歳・転職成功者の体験談

 勤務先の業績が下降の一途をたどっていたこともあり、転職活動を決意。とはいえ、中間管理職で時間が自由にならないこともあり、転職サイトに登録し、周囲に気づかれないように活動を始めました。自分の希望条件を登録しておくと、毎週自動的に新着情報が送られてきますし、サイト内で作成したレジュメを好きな時間に送信してエントリーできるので、多忙なミドル世代にはおすすめです。(41歳 男性)

 40歳ともなると役職者も多く、業績アップのための激務に追われているひとも多いものです。転職サイトは、自分のペースで活用しやすいところが、魅力といえます。

 現職にもそれなりに満足はしているのですが、年齢的に、キャリアアップ転職を果たせるチャンスはいましかないのでは?という不安に駆られ、転職サイトに登録してみることにしました。自分の転職市場の価値の低さに、正直戸惑いもしましたが、これまでの経歴をレジュメにしてアップしておいたところ、企業からオファーが届いたのです。これもご縁と面接に出かけ、とんとん拍子で内定をいただきました。本当に感謝しています。(40歳 女性)

 転職サイトのもう一つのメリットに、企業から個別スカウトを受けられるサービスを提供していることがあります。あなたの経歴に目をとめて、指名で連絡をいただけるのですから、一般応募よりずっと内定の確率がアップします。ぜひ、活用したいものの一つです。

6.40歳で満足できる転職を果たしたいなら

 40歳で満足のいく転職を果たすためには、それまでに業界や職種において、しっかりとした専門スキルと実績を積んでいることが前提条件になります。現職で構造や組織改革、他部門との連携・調整がとれないひとが、転職先でその手腕を発揮することなど、ありえないからです。

 また40歳の転職では、現職の人間関係に支えられた実績と、どんな環境にも即応できるノウハウの習得がイコールだと、勘違いしがちなのです。自分の能力と志向性を客観視し、成長につながる職場を選べなければ、40歳のキャリアアップ転職は実現できません。まずしっかりと自己分析を行うこと、そして応募企業で職務的に求められる能力と、組織内で期待される役割をリサーチし、自分のキャリアや専門スキルが応募企業でどう活かせると思うのかを、きちんとプレゼンしてください。その際、新しい職場になじめる協調性や柔軟性をアピールすれば、鬼に金棒です。ぜひ、実践してみてください。

公開日:
最終更新日:2016/06/28